子供と節分を楽しもう★『掃除不要の豆まき』方法!

子供と節分を楽しもう★『掃除不要の豆まき』方法!

今日は節分ですね😊

皆さんも恵方巻きや豆まきなど、やられたでしょうか👹

節分とは簡単に言うと、みんなが一年健康で過ごせるように病気や悪いことを追い払うイベントなんですね😆
鬼に豆をぶつけ邪気を追い払お〜😆

我が家も子供とお家でイベントを楽しみました😆

今回はその様子を紹介したいと思います☺️

掃除不要の豆まき方法

子供にとって鬼が来るというハラハラ!ドキドキ!楽しいイベントですが、豆をまいた後の掃除大変だからやりたくないなと思う方もいるんじゃないかと思います😓
そんな悩みを解決するため、今回我が家で投げた豆はこれです

可愛い絵柄のついた袋💖

袋から豆は出さずこのまま投げました🤣🤣

袋ごと投げるというのも見た目寂しいかもしれませんが、豆を投げるという事は同じですからね〜

この方法だと掃除も不要だし、拾うのも簡単🤣

床に落ちた豆を食べるのも抵抗ありという方もオススメですね

我が家の豆まきの様子

調べてみると豆まきにはルールがあるみたいで、玄関から一番遠い部屋から窓全開して順にまいてくそうです💦
全部の部屋をまくのは大変なので😅我が家はリビングのとこのみで豆まきしました。
猫ちゃんがいるので、窓は開けずに外に鬼がいるという設定でやりました🤣

鬼は夜来るとされているため、外が暗くなってからやるといいです😆

本来、鬼役なしでも大丈夫みたいなんですが、今回パパに鬼役を頼みました🤣
子供の小さい時は鬼役があった方が盛り上がりますよね🤣

こんな感じのお面を付けてもらい外にスタンバイしてもらいました🤣
豆を買った時付属してたお面です

鬼役を頼んだパパには、暗闇から徐々に姿を見せて子供を怖がらせて欲しかったんですが、窓際に最初から現れてパパだと丸わかり😓

「パパ鬼〜」とお兄ちゃんがすぐ気付きました😱😱

下の子は怖かったらしく、固まって豆を投げるどころじゃなかった🤣

豆が当たって逃げて行ったという設定にしたかったのに💦
お面を付けて部屋に帰ってきたので下の子もパパと気付いたみたいです😓
ちょっと残念な気持ち😓

パパに鬼をさせる時は事前打ち合わせが必要ですね😂

投げた豆が散乱😆
豆は袋ごと投げているので拾うのも簡単です🤣猫ちゃんも外の鬼に興味深々😺

被っているのは新聞紙で作った鬼の帽子です。
支援センターで作りました。豆投げる側も鬼を付けているというのもおかしい気もしますが、せっかく作ったしね😅

豆は年の数+1個食べるといいのですが…この後めちゃいっぱい食べてました💦
説明してもわかってないので🤣🤣

恵方巻きの食べ方

豆まき後、恵方巻きも食べました↓

恵方巻きの食べ方は、太巻きひとり一本。
福を巻き込むことから巻き寿司。
縁が切れたり、福が途切れたりしないよう、包丁で切ってはいけないそうです。
七福神にあやかり、7種類の具が入った太巻きが縁起が良いそうですね☺️
その年の恵方を向いて、願いごとをしながら、黙々と最後まで食べる
しゃべると運が逃げてしまうので、食べ終わるまで口をきいてはいけないそうです。

今年の恵方は西南西だそうですよ😊

我が家は子供用のツナ入りと大人用のサーモン入りを作りました😊

正直この太巻きを丸かじりは小さい子供には無理でした😅
縁起が悪いですが切って食べさせました🤣
そして無言で食べるというのも無理でした🤣

細かいことは気にせず、こういうイベントを子供と楽しめたと思うことにします💦

まとめ

今回我が家の節分の楽しみ方を紹介させて頂きました☺️

豆まき後の掃除が大変だし、落ちた豆を食べるのも抵抗あるので、ポイントは小袋ごと投げるという事ですね😆

今回このイベントを終えて思った事は、小さい子供は太巻きは丸かじりは出来ないし、食べ切れないということ。細い巻き寿司を子供用に作っても良かったな😅

パパに鬼役を頼む場合事前打ち合わせした方がいいということ。
子供を怖がらせたかった😅

この経験をまた来年に活かしたいと思います😆






ブログランキングに参加しています。
ポチして頂くと励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ

にほんブログ村