『アクセントクロスDIY』に挑戦★生のり付き壁紙の貼り方

『アクセントクロスDIY』に挑戦★生のり付き壁紙の貼り方

こんにちは😊

訪問頂きましてありがとうございます😊

この前、リビングの壁紙を自分で張り替えしました。

その時の貼り方や様子を書きたいと思います😊

壁紙の張り替えを決意

壁紙を張り替えたいなと前々から思っていました。
全部屋真っ白な壁紙で飽きてきた、アクセントクロスでオシャレにしたいなというのが理由です🤔

業者に頼むのも金額が高いし、自分でやるのも勇気いるな〜

と思っていたある日…

子供たちがちょっとした壁紙のキズから、やらかしました💦
ほんの少し剥がれた壁紙をビリビリ😱

ここまでやっちゃったら張り替えましょ〜!

てことで自分で壁紙を張り替える決意をしました😅

壁紙DIYに必要なもの

  • 貼りたい壁紙(のり付き)
  • 脚立
  • 雑巾
  • メジャー
  • はさみ
  • 壁紙施工の道具一式

最低限こんなもんあれば、なんとか出来ます🤔

壁紙は初心者でも簡単に出来る生のり付きの壁紙を選びました。

のりが乾くまで何度も貼り直しできるのでやりやすかったです😊

今回使用したのはこちら。
写真だと分かりづらいですが、ラメがキラキラしています💖
10メートル以上購入で道具一式もらえます。
貼り方マニュアルも付いてますよ

コンクリート調も検討しました

脚立がないと上の方が届かないので必須です。
代わりになるような踏み台があればいいですけどね😅↓

壁紙を貼る時に使う道具一式揃えないと、綺麗に貼れないと思いますので必須となります↓

色々なとこに、のりが付くので雑巾も準備しておいた方がいいです。

メジャーは壁や壁紙を測るのに必要、はさみは壁紙裁断で使います。

壁紙貼り方手順

古い壁紙を剥がす。子供たち喜んで剥がしてます🤣
ビリビリと簡単に剥がせました。


隅の壁紙はカッターで切れ目を入れるとキレイに剥がせます。


電気スイッチと、コンセントカバーを外します。
簡単に取れました


さらにネジで留めてあるカバーも外します。
ドライバーでネジ取れます


ネジで留めてあるカバーを外すとこんな感じ。
周りの古い壁紙剥がします


インターホンのモニターも簡単に外せました。
周りの古い壁紙を剥がします

壁紙はこんな感じにクルクル巻かれて届きました。道具と、貼り方マニュアルはプレゼントという事で頂きました😊


壁紙を裁断後、壁に貼っていきます。
空気を抜く感じで、ハケで馴らしていきます


電気ボタン、コンセント、モニター部分はカッターで切り抜いて行く。
赤く印を付けたような感じで切り開きました


こんな感じにくり抜きました


天井部分はカッターガイドを使い、カッターで切っていきます。
ヘラで節目を付けると、切りやすいです。


継ぎ目部分はローラーで抑えて行きます。
ローラーをやると継ぎ目がとてもキレイになる✨

最後全体の糊を拭き取って、コンセント等のカバーを元に戻します。

まとめ

今回、壁紙の貼り方を簡単ではありますが、紹介させて頂きました😊

キレイにやるポイントは端をカッターで切って行く時、ヘラで節目を付けておくといいです。
その作業を怠って切れ目がガタガタになった部分が数カ所あります😅

生のり付き壁紙は時間が経つと乾いてしまうので注文して届いてから2週間がタイムリミットだそうなので注意が必要です。

壁紙貼りは初心者で全くの素人でしたが何とか貼れました😅
LDKの壁一面をやるだけで、7時間ほど掛かり大変でした😅
コンセントやモニター部分をくり抜く作業や冷蔵庫を動かしたりが結構大変で時間が掛かってしまった😅

時間もないし大変な作業は出来ないよという方は、業者に依頼がいいと思います。

無料でリフォーム見積もり出来ます

今回我が家で貼ったアクセントクロス費用は、壁紙15メートル送料込みで、総額8360円で出来ました。

参考にしてみて下さいね😊











ブログランキングに参加しています。
ポチして頂けると励みになります

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ
にほんブログ村